ブログ投稿を本気で習慣化したいのであれば、「タイミング」は意識した方がいい

Timing write
習慣化で一番重要なのは「いつやるか」
普段の生活で絶対必要な「食事」「睡眠」と同じように時間とサイクルを作ってやると自然と着手が可能になる。
追記:今エントリはR-style » 【企画】「あなたのBlog術教えてください!」企画第二回に参加させていただきました。

「ブログ投稿を毎日繰り返していると、だんだんそれが習慣化していきます。」と簡単に言われても、それを実際にやったことがない人はなかなか理解できないものです。
実を言うと、僕もそんな一人でした。
何に関しても飽き性で習慣化するのが大の苦手。正直なところ習慣を作ることを諦めていた時期もありました。

そんな僕が半年前(前のブログ)から今まで(平日だけですが)毎日ブログの更新を続けられたのです。
せっかくなので、「毎日のブログ投稿を習慣化するときに意識したこと」をまとめておこうと思います。

 
 

習慣化のポイントは、やり方よりも生活サイクル

今回、僕が決定的なポイントだと考えるのは、「どうやるか」ではなく「いつ・どこでやるか」です。

「毎日繰り返す」、ということは、それ自体が生活の一環になるということです。
つまり、食べることや寝ること、働くことと同列になる、ということ。

今まで完成していた生活サイクルに、何も考えずに無理やり「ブログを書くこと」をねじ込んでしまうとどうなるでしょうか。
少なくとも、生活のサイクルは乱れ、無理が来て、最終的には続かなくなることでしょう。
そのまま何も考えずに継続しようとすると、今度は身体に無理が来るかもしれません。

では、毎日続けるためにどうすればいいのか。

生活サイクルに組み込んでしまえば、習慣化は難しくない

僕が見出した答えはシンプルなものでした。
それは、「生活の中のスキマ時間を活用する」というもの。

実際にどう活用すればいいのか

具体的には以下のようなステップになります。

  • スキマ時間を洗い出す
  • 作業を分解する
  • いつやるかを決める
  • 実行する

これらについて、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

スキマ時間を洗い出す

まず、生活の中のスキマ時間を洗い出してみましょう。
僕の場合、幸いにも今、片道1時間程度の通勤時間があります。
往復にして2時間。毎日ある程度決まっているこの時間はブログ投稿に使えそうです。

作業を分解する

次に習慣化したい作業を分解してみましょう。

それは大きな時間が必要なのか、それとも小分けすることが可能なのか。

僕の場合を例にしてみましょう。
ブログ投稿であれば、以下のように作業を分けることが可能です。

  • ネタ探し
  • 内容を決める
  • 肉付け
  • 推敲
  • 投稿

これらの作業についても、もうちょっと詳しく見てみましょう。

ネタ探し(所要時間:?)

これは、普段の生活から意識しています。
というのも、ブログのネタは突然現れ、いつの間にか消えていることがほとんどだからです。
常にメモとペンを準備しておき、何か面白そうな、興味深いことがあればすぐにメモをとるようにしています。

内容を決める(5min)

面白いネタがあれば、そこから内容を決めてしまいます。
だいたいの内容を4〜6行でざっと書いてしまいます。

肉付け(20min〜1h)

内容が決まったら、それについての詳しい内容をどんどん書き足していきます。
ここで、だいたいの中身が出来上がっていくわけですが、個人的にはここが一番時間がかかるところですね。

推敲(10min〜30min)

中身も書けたら、今度は全体を通して読み、文脈がおかしくないか、漢字が間違っていないかなどを見なおしていきます。
文脈がおかしいと感じると、調整が全体におよぶこともあるので、これも時間がかかってしまいます。

投稿(5min〜15min)

ここまで来たら、あとは実際にブログで表示させてみて、タイトルや投稿日など、細かい調整をします。
このブログは毎日朝7時投稿なのですが、基本前日の夜までに書き上げ、次の日に予約投稿をしないといけません。

僕自身、毎日このステップでブログ投稿をしています。
これらの作業の中には、小さなスキマ時間を使ってできる作業もあれば、まとまった時間が必要な作業もあります。

いつやるかを決める

作業の洗い出しが終わったあと、それらの作業を実際にいつやるか、決めていきます。
いつやるかさえ決めておき、「あとは着手するだけ」、の状態にしておけば、少なくとも時間がないと嘆くことはありません。

ここからは完全に僕の例ですが、参考程度に書いておきます。

ネタ探し…上にも書きましたが、これは普段から意識しておきます。
内容を決める…これは、通勤中、もしくは朝、時間に余裕がある時にやります。
肉付け…時間が必要なので、行きの通勤電車中にやります。
推敲…これも時間が必要なので、行き、もしくは帰りの通勤電車中にやります。
投稿…お風呂の準備中、もしくは寝る前にやります。

上記のように、生活の合間合間に実行計画を散らばらせておいたおかげか、半年経ちますが未だ無理なく習慣にできるように思います。

実行する

あとは、実際にやってみるだけです。

小さなスキマ時間にできるものは、気づいたときに空いた時間にやってしまう。
大きな時間が必要な作業は、意図的に時間を空けてその時に一気にやってしまう。

はじめは、生み出した結果よりも、過程を評価すべき

スタート時は、成果に満足しない事が多いことでしょう。
ですが、個人的には生み出した結果ばかりを評価するのは良くないと考えます。

まずは毎日このサイクルを繰り返すこと。
繰り返すと、自然と無理のない、自分なりの形が出来上がってくるものです。

そのサイクルの中で、調子がいい時、悪いときは必ず出てきますが、それでも毎日繰り返す。
いつの間にか、全体の平均値を底上げしながら結果がでてくるようになる。

習慣化、というのはそういった流れから出来上がるものなのではないか、と思います。

それをネタに食べていく、というのであれば別かもしれませんが、個人的にはエントリのクオリティを追うのは後でいいのではないか、と考えています。

一時期、クオリティを意識しすぎるあまり、毎日、深夜まで作業を続けてブログを投稿していた時期がありましたが、結局そのスタイルは無理がたたって続きませんでした。
今は、自分のできる方法で自分なりにやっているので、毎日の更新もそれほどの負担になっていません。

どれだけ自分の生活になじませることができるのか。
習慣化にしたいとき、それが一番のキーポイントになるのでは、と常々考えるようになってきました。

ちなみに今はこのサイクルで回っていますが、これだと一番辛いのは「普段と違う生活サイクルの時」です。
書く場所と時間が決まってしまっているので、それ以外のタイミングだとどうも「乗ってこない」のです。

今後は、そんな時にどう対応するか、何か対策を考えておきたいですね。

スロジョグ記録
駅から自宅まで軽くラン。往復2kmぐらいかな。

コメントを残す