〜もう物に依存しない〜 シンプルに生きるための5つの心得

Simplife

2月に参加させていただいた「名古屋ライフハック研究会」。
その会で、虹の父さんが発表されていた LT内で紹介されていた本がこちら。

LTの内容が非常に興味深かったので、つい本も探してしまい、一気に読んでしまいました。
今回はその中から、 シンプルに生きるための5つの心得をご紹介いたします。

大好きな物「だけ」を周りに置いておく

ドミニック・ホーローさんは、自分の身の回りにおいておくものは必ず自分の大好きなものにすべきだと語っています。

「身の回りにおいておくのは、大好きなものだけにする」と、今から心に決めてください。つまらないものや過去のものに、自分の世界を占領されないように。少しだけ、でも飛び切り良いものだけに囲まれて生活することを心がけましょう。

また、自分にとってよりよい物を捜すために、多くのものを色々と試すよりも、本当にいいものを選択するほうが結果的に安く済むことも多いです。

ある高級鞄メーカーの販売担当者に言われたことがあります。
「法外と思える程の高い大きな買い物よりも、度重なるガラクタ買いのほうが、結局は高くつく」と。
そして、高くても良い買い物は、それだけ人生に満足感を与え続け、それを取り出して眺めるたびに 喜びを与えてくれるものだとも。

たしかに、安いものだと気に入ってもすぐに壊れたり、再度手に入れるために多くの手間をかける必要があることが多いものです。
自分が愛せる、大好きな物だけを揃えるように心がけましょう。

持つものは少なくする

大好きな物意外も持つようにすると、どうしても物が増えていく傾向にあります。
ですが、シンプルに生きるためには物を増やすのはご法度。

シンプル主義を実践し、「少なく」持つことを選択すると、「まあまあな服」と「少しはマシな服」で満杯になった、ぎゅうぎゅうの洋服ダンスから解放されます。
人生の80%で着つづける服は、ワードローブの中のたったの20%だという話もあります。

洋服に限らず、本当に大切な20%だけを選び、持つものは極力減らす事が大切です。

お金の使いどころを意識し、常に自分の身の丈を知る

シンプルに生きるためには、お金の使い方も気をつけなければなりません。
安いからと、多くのものを買ってしまうと、それがいつの間にか大きな出費になっていることもしばしば。

お金を失う原因は、実は理性的な大きな投資ではなく、もう思い出すこともできない小さな出費の積み重ねなのです。
たとえば、安くてお買い得だと信じたセーターが、最初の選択で色落ちし、縮んでしまったとか、質の悪いマットレスを購入したために、腰痛になって、通院する羽目になったとか …。

自分が買うものはしっかり選定して、自分が愛するものであれば、高めのものを選ぶことも厭わないようにしたいものです。
もちろん、背伸びしすぎて手持ちがなくなっては元も子もありません。

今どれだけお金をもっていて、どこまでの出費が可能なのかを、常に把握するように心がけましょう。ふと思いつきで少し高価な化粧品を買ったり、「安いわ」と思い込んで、必要もない衣類を買い足してしまうことがなくなります。

自分の身の丈を常に意識しつつ、良いものが手に入らないのであれば持たないことも選択肢に入れていきたいものです。

食事は、空腹を感じたときに食べる

空き時間に手が空いていると、ついつい間食や夜食に手が伸びてしまいますが、続けているといつの間にか身体が不健康な状態になりかねません。
ついつい続けてしまう間食。やめるにはどうすればいいのでしょか。

健康的な食べ方のポイントは、「空腹を感じたときのみ食べる」「一口ずつ味わって食べる」「空腹感がなくなってきたら食べるのをやめる」という三つだけです。

空腹を感じるまで我慢するのが辛いのであれば、ちょっと過食気味かもしれませんね…。

プラス思考を身につける

プラス思考はなかなか難しい技術です。
マイナス思考は感情に身を任せていれば簡単にできます。
ですが、プラス思考は考えないと生まれてこないものなのです。
ドミニック・ホーローさんは、プラス思考を「訓練」を積むことで身につけることができると説いています。

訓練を積むことにより、マイナス思考は抑えることができるようになります。
まず、過去に拘るのをやめ、今出来ることに考えを集中することを心がけましょう。例えば、朝は、どのような一日にしたいか自分に問いかけ、眠りにつくまえにも今日の楽しかった出来事を思い出すようにする。たったこれだけでも、続けていくうちに、思考のスタイルが前向きに変わっていきます。

日々、一日の良かったことを思い出すようにして、少しずつプラスな思考を身につけていきたいものです。
こちらもおすすめ:3goodTwit twitterで「#3good」をつけて、毎日いいことを3つつぶやこう

まとめ

シンプルに生きるためには、まず自分の身の回りの見方を変えるところから始まります。

シンプルに生きることは、物質主義的な世の中に対する自分なりの評価基準をもち、本来自分に与えられている幸福に気づき、その恩恵にあずかり、お金や時間、そして所有しているものを賢く活用することです。
そこに到達するためには、節約することさえもポジティブな姿勢で挑み、幸せのために物質的なものに頼らないようにする必要があります。

自分がすでに持っているものに気づき、それをうまく活かして生きていきたいものです。

まず食事は気をつけていきたいですね。

運動記録: 徒歩通勤2.5km!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください