本当の日記は公開ブログには書けない、という話。

写真素材 PIXTA日記って書かれています?僕自身は、このブログを日記みたいなもんだと思って書いていたんですが、これは本当の日記じゃないようです。じゃあ、本当の日記とはなんなのか。答えはとてもシンプルでした。自分のためにだけ書き、残す物。
それが、日記だと。

ブログは、公開を前提にした文章

ブログは基本的には公開を前提にした文章です。公開することで、多くの人に見てもらい、いろんな意見をもらう。
ブログはそんな意見の交流が非常に面白いと考えてます。新しい知見を得たり、誰かの助けになったり。
そうやって、大なり小なりいろんな形で人に影響をあたえるものがブログなんじゃないかなと。ブログを書くときは少なからず人に見られることを意識しなくてはいけません。
(意識してない!って言う人もまれ〜にいるかもしれませんね。それはそれでどうなのか、という話は今回は置いといて。)ここで一旦話を変えて。今、白状します。僕、実はあんまり日記を書いたことがないんです。
どうしても書くことが手間で、やりたくなかったから。今こうやって毎日ブログを書いていることが不思議で仕方ないぐらいです。ですが、僕のパートナーに話を聞くと、どうやら彼女は日記をガッツリ書いていたみたいです。かなりの量、日記を書いていたみたいなのですが、日記を書くメリットがないと思っていた僕は、彼女に「なぜ日記を書くのか」聞いてみました。「誰にも知られたくない、だけど言わなくちゃやってられないような事を、誰かに言う代わりにしていた」とのことでした。

「見せれるフィルター」をかけないものが本当の日記

公開を躊躇する文章は日記じゃない。
「見せれるフィルター」をかけないものこそ本当の日記なんだよ、と。なるほど、たしかに知られるとマズイものはブログには書けませんよね。ブログは基本的に公開が前提のツール。
色々と公開するための機能は充実しているものの、自分だけのために書く機能はあまり充実していません。本当の日記を書くなら、非公開に 公開を意識する時点で、それは本当の日記とは言えないものです。極端なハナシ、これが何処からか公開される可能性がある、と頭をよぎる時点でそれは日記らしさが欠けるものなのかもしれません。

日記は、信頼できる非公開サービスに

後で誰かに見られるかもしれない、そんな意識を持たなくて済むものが本当の日記。
鍵付きで保存できるウェブサービス。
しかも「ついうっかり公開しちゃいそうにならない」ものが求められそうです。そんな時、Evernoteはうってつけのサービスなんですね。
鍵は初めからかけられているし、機能追加も基本的に「自分」に重きをおいている。Web版に関しては、パスワード記憶していても必ず一週間に一回はパスワードを問われるぐらいです。
かなり「漏れない」事を意識しているサービスと言えるのではないでしょうか。Evernoteは完全に日記帳として使っているよ、って言う話をオフ会で聞いて、非常に参考になったのでメモがてらのエントリでした。
もうすでにメモの域は超えている気がしますが。写真素材:(c) つき写真素材 PIXTA

あとがき

ということで、日記についての興味が非常に強くなった日でした。 思う存分に乱文で日記を書いてみる、というのも面白そうですね。 ひたすら思うことを書いて。伝わることなんて一切意識しない。 下手したら自分が見返してもわからないような…そんな荒削りの文章。 毎日書いていけば、何かが見つかりそうな気がします。

運動記録

土日、あわせて徒歩5キロぐらい!&自転車で買い物〜。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください