少しの余裕が、心の豊かさを生み出す。

ハートマーク 手 ハート [2493749] - 写真素材「うばい合えば足りぬ。分け合えばあまる。」これは、相田みつを氏の詩のひとつ「わけ合えば」という詩の書き出しです。 奪い合ったとき、わけあったとき、どうなるのかを彼なりの視点と表現で綴っています。

生きていてよかった
生きていてよかった

posted with amazlet at 11.07.18
相田 みつを
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 62778


同じようなことを、ジェームス・スキナー氏も語っています。

子供の時から、自分の稼ぎの1割は必ず人にあげるようにしているんです。10ドルだったら1ドル、1ドルだったら10セントというように。わが家の家訓だったんでしょうね。母から教わりましたから。そういうことを続けていると、あることが分かってきます。気持ちが豊かになるんです。つまり、私の持っているものが「足りない」という発想がなくなってきます。私の持っているものでも「十分に足りている」「余っている部分が必ずある」「人にあげられるだけのものがある」と思うようになります。すると、発想が豊かになり、行為が豊かになり、精神が豊かになります。人間が成長して大きくなります。そういう部分を、今まで大事にしてきたと思います。via: 「カネ、カネ」と言っている人にお金はやって来ない お金を得る究極の動機付けとは何か JBpress(日本ビジネスプレス)

彼自身も、実体験として経験していることなんですね。「カネ、カネ」と言っている人にお金はやって来ない お金を得る究極の動機付けとは何か JBpress(日本ビジネスプレス)

彼の思想のエッセンスを学べるインタビュー。
今、僕自身が「足りてない」と錯覚しがちな生活をしています。 でも、冷静に見返すと、本当は足りているんじゃないかとも考えられます。「今、ちゃんと生活できている。」
「先のことは正直わからないけれど、今日はこうしてブログを書ける。」そこに、少しの余裕を持てればきっとベターなんでしょう。余裕、といえば、女子サッカー日本代表の今日の試合にも同じことが言えるかもしれません。
それはもうギリギリの試合で、延長戦時アメリカに一点リードされてしまう。

それでも、最後まで必死で食らいつき、終了五分前にゴールを奪い同点に追いついた。

PK戦、となったとき、監督・コーチ・選手全員が「笑顔」になった。

そして、結果は日本の勝利。

PK時、日本の選手は上を向いていた。
アメリカの選手は、緊張していたのか下向き加減だった。
彼女たちも、最後の最後で心に余裕を持てたことが、優勝につながったのかもしれません。素材提供:(c) k.c画像素材 PIXTA

あとがき


日記がてらのエントリ。

運動記録 : 034

小雨の中1kmラン!
台風が近付いているのか、風が強くなってますね。

ブログタイムトラッキング : 003

午前7時36分:スタート
午前7時54分:考えながら下書き完了。
午前8時04分:装飾・女子サッカー日本代表について追記
午前8時18分:加筆修正
午前8時19分:写真素材追加

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください