作業ログを残すことが、作業のコミット感を高めるためにも使えた件

0022
この作業をやってるんだ、という自分の中の約束。
そんな意味で、「コミット感をもって〜」とか言ってます。
元々はコンピューター用語なんですよね。コミット。
関係する、参加するという意味らしいのですが、「きちんと向き合う」みたいなニュアンスでも使ってます。勝手に。
さて、何か作業をするときにこの「コミット感」が重要になります。
コミット感が低いと、他の作業に目移りしてしまったり、だらだらと過ごしたり。
それを高めるためにいい方法は無いものかと探していたのですが、先日参加したセミナーで出てきた「ログをとる」法がコミット感を高めるために使えると判明しました。

そもそもどんな風にログをとる?

佐々木さんはこのとき「toggl」というクラウドサービスを使っての記録法をお話しされていたので、僕も真似てtogglで。
このtoggl、今やっていることを記録していくだけのツールなのですが、これを使うと、不思議と作業へのコミット感が強まりました。
なんというか、「今からこれをやるよ!」と公言しているような。
今までだと、自分の頭の中だけで「ああ、これやらなきゃなあ〜」と考えながら作業していたのですが、どうしてもいろんな方向に迷いがち。
ですが、togglを使うと、「今はこれをやってる」ってことがクッキリします。
たとえ脱線しても、togglをみれば元に戻れる。
よし、もう一回作業に戻ろう。なんて思える訳です。
togglが無かったら、「ああ、そういえばなにしてたんだっけ?」という所からやり直し。
頭の中で検索エンジンが働き(しかも精神エネルギーを結構使う)正しい検索結果が出るまで時間がかかり…と、ロスばかりです。
ということで、togglでのログ生活、コミット感を高めるのにも良さそうです。
作業的な仕事ではなく、知的生産的な作業がメインの人は試してみる価値はありそうです。
そうそう、togglはiPhoneアプリ版が非常に評判が悪いようですので、Safariから利用することをオススメします。
ホーム画面に表示させると、アプリみたいに扱えるようになりますよ。

ちなみに…

過去に僕が関わったアプリ「TaskPort」も作業のコミット感を高めるのに使えるアプリです。(今はプロジェクトから外れています)
そういえば、次のバージョンでtoodledo連携が出来るようになるとかなんとか。
それが出来るようになるなら、togglから乗り換えるかもしれません。
TaskPortPro App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥450(価格は掲載時のものです)

TaskPort App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(価格は掲載時のものです)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください