アウトプットするときは形を気にしない

0511
昨日から意識しだした「思いのままに書く」のが今の自分にぴったり合致していたようで、霧が晴れたかのようにアウトプット欲が高まっています。
このアウトプット、よく食物と同じように例えられることがあります。
「ご飯を食べたら自然とトイレに行く。それと同じように、インプットがあったらあとでアウトプットが必要になるんだ」と。
情報元はすっかり失念してしまいました(確か人づて)が、そんな話をどこかで聞いた気がします。
その話、聞いたときは「なるほどなぁ」と思っていたのですが、本当の意味で理解は出来てませんでした。昨日までは。
ごめんなさい、ここからはトイレネタになります。
食事中の方は、お気をつけ下さい。
ここでそっと閉じた方がいいかもしれません。
0513
0514
0518
0528
いいですか?注意しましたよ?

アウトプット中はアウトプットに集中すべき

では、皆さんは、トイレに行くときのことを考えてみてください。
純粋にアウトプットのことだけを考えるはずです。
ああ、出てきた!すっきり!
気分爽快です。
ですが、これに途中で横やりをさされたらいかがでしょうか。
すっきりしません。イライラします。
アウトプットの途中で別のことが起こると、凄まじいフラストレーションになるんです。

アウトプット中に編集のことを考えるのは、うんこ中にうんこの形を気にするのと同じ

同じように、アウトプット中にその形について考えることも、フラストレーションになるのです。
皆さん、トイレでアウトプットの形を気にするでしょうか。 ほとんどの方は気にされないと思います。
文章を書くときも、絵を描くときも同じ、書きたいと思ったら衝動のままに書く。
そのあとで、形が気になるときに整形する。
そんなもんだと思います。

はい。そういうことです。

ということで、衝動的にエントリしたくなったので書いてみました。
最近うちの嫁さんが書いているブログで、かなり好きなように書かれているので、自分もすこし好きなように書いてみることにしました。
僕が殴られたりメガネを壊されるブログはこちら。
illight
僕がぼろくそにされながらも、絵について教えてくれるうちの奥さんのページです。
漫画形式で楽しくお絵描きについて学べるよ!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.