新規サイトを作るときに僕が使ったサービスと、参考にしたお手本サイトについて

ちょっとばかり宣伝も含めて。
僕と、うちの奥さん二人で運用していくサービス「ふじもなおのアトリエ」を開始しました。
ふじもなおのアトリエ

内容は、似顔絵提供サービス、となります。
で、受付担当が僕で、実際に似顔絵を描いてくれるのはうちの奥さんです。

サイトにBloggerを使ったワケ

このサイト、システムはWordPressでもMovableTypeでもなく、Bloggerを使っています。
僕が作っているサイト、ほとんどBloggerベースです。
Blogger、なかなか癖のあるサービスなのですが、最近は非常に進化してきて使いやすい部類に入るんじゃないかと思っています。
理由としては、

  • Gmailアカウントをもっていればすぐ使える
    グーグルのサービス、というのもありますが、サーバー用意しなくていい、テンプレートも標準でそこそこある、ちょっとしたアクセスログが既に付いている、と、なんせスタートが早いのがメリットです。
  • パーツの配置が自在にできる
    パーツをドラッグアンドドロップで移動できます。知識がなくてもちょっとしたレイアウトが簡単に。
  • 基本的に広告なし。 無料で、広告なしのブログシステムって他ではあまりないですよね。サーバーを借りるか、広告が付いているか、の用なきがします。 さらに、Bloggerではアドセンスの契約も簡単。自分でアドセンス契約して広告収入を得る事も可能です。

ということで、今回もBloggerを選んだ次第です。
多少管理画面に癖がありますが、それも慣れかなと思います。

ページは、縦に進んでいくスタイル

「ふじもなおのアトリエ」ですが、実は、現時点では2ページしかありません。
ふじもなおのアトリエ
トップページ

と、
ふじもなおのアトリエ: 似顔絵
似顔絵オーダーのページ

の2種類です。
ちょっと手間をかけたのが、後者の似顔絵オーダーのページ。
これ、実は縦に進んでいくスタイルのページになっています。
その前の計画では、それぞれに1ページずつ割り当てて、ページのリンクをクリックしていってもらう、というのを考えていたのですが、こちらのページを見て趣向を変えてみました。
アップル
Appleのページ

の中の、プロダクト紹介ページです。
以前のブログでちょっと紹介したのですが、
Appleのプロダクトページはまさにジョブズのプレゼンテーションそのもの | 想造ノート

この作りにちょっと感動してしまって、参考にしてみました。
この縦に進んでいくスタイル、特にiPhoneやiPadで閲覧するときに本領を発揮します。
別のページに移動するためにリンクをタップしなくても、本を読むみたいに次のコンテンツに進んでいけるんですよね。
あと、ボタンの大きさも割と大きめに。
指でもタッチしやすいスタイルになっています。
一番下には、現時点ではとりあえず申込ページに移動できるリンクがあるだけ。
ここからさらにいろんなコンテンツに飛べるように…と考えているのですが、まだそこまで作り込めていないです。
とりあえずスタートして、ここから少しずつすることにしました。
ふじもなおのアトリエ

それでは、「ふじもなおのアトリエ」をよろしくお願いします〜。

コメントを残す