『プレゼンテーションはスライドだけではない』というのはスライドが大切ではないということを言っている訳ではない。自分自身が超重要なんだけどスライドも重要なんだよ。 | デイリーもった ver.2012/02/08

IMG 2049
隣に場所を借りたので、移動やなんやの作業が残っている。
かなり広めのスペースが出来たので、仕事道具なんかはすべてこちらに移動しようと考えているのですが、問題は「デスク」。
横幅180cmで奥行き100cmぐらいのL字型デスクを使っているのだけど、今回ばかりはそんな机を買った事をちょびっとだけ後悔中。
一人で運ばないといけないのか…ふむ。

Keynote活用術まとめたい昨日エントリしたこちら。

プレゼンやブログの素材にどうぞ | KeynoteとSkitchをつかって漫画風の素材を作る方法 | 想造ノート

今回はちょっと変わった切り口でまとめてみたけれど、次からはプレゼンテーションで意識している事についてもまとめてみたいと考えている。
実際の所、この一冊に全て集約されているのだけれど。

ガー・レイノルズ シンプルプレゼン
ガー・レイノルズ
日経BP社
売り上げランキング: 16284

ガーさんのこの一冊で、僕のプレゼンはがらっと変わったように思う。
この本、おまけとしてDVDがついているんだけれど、このDVDがとてつもなくすばらしい。
というより、やっぱり凄いプレゼンは見てなんぼなんだなと痛感した。
出会ったのがちょうど1年ほど前。去年の5月ぐらいだったかな。
そこから、ずっと観ている。
家事をするときや、風呂に入るとき、たまーにご飯を食べながらでも。
僕はこれを何度も何度も繰り返して観ているんだけれど、これが飽きない。
嫁さんにはさすがにちょっと呆れられたけれど。
もちろん、過去の本も読んだ。

プレゼンテーションzen
Garr Reynolds ガー・レイノルズ
ピアソン桐原
売り上げランキング: 1704

これも参考にはなったんだけれど、やっぱり本とムービーでは違う。 ムービーの方が圧倒的に情報量が多くて、恐らく本人が意識していない所でさえも参考になる。
うーむ、書き出すとキリがなさそうだ。一回ブログにまとめてみたい。

今日のツイート

使いこなしている人には当たり前なんだろうけど、知らない人は意識すらしていない公式。
モノ*ソーシャルメディア=広がり方
僕は、良いものを作れば売れる、という考え方には懐疑的だ。
それでも、運が良ければ売れるだろうけど。

コメントを残す