マイクからの音声を直接スピーカーから出すMac用ソフトウェア「LineIn」

AppIcon
Macではマイクの音声をスピーカーからは直接流せないようになっている。
もちろん、それをする場面は限られている上、実現してもほぼすべてのラインナップにマイクを内蔵しているMacでは確実にハウリングを起こすため、あえて出来ないようになっているのだろう。
マイクの音声をスピーカーから直接出す「パススルー」を実現するソフトウェアを見つけた。
それが、今回ご紹介する「Line In」だ。
Rogue Amoeba | Quality Audio Software for Mac OS X
上記ページの「Freebies」よりダウンロードが可能だ。

LineIn
使い方はとてもシンプル。
起動してインプットデバイスとアウトプットデバイスを選び、「Pass Thru」をクリックするだけ。
これでマイクの音をスピーカーから流す事が出来る。
注意が必要なのは、内蔵マイクと内蔵スピーカーを選択するとほぼ確実にハウリングを起こすこと。
必ずどちらか1つは外部デバイスを用意し、使うようにすると良い。

何のために…?

先日、無線で音声を拾えたらいろいろと幅が広がりそうだなと考え、Bluetoothレシーバーを購入した。
ふと、ここから声を拾ってスピーカーで拡声できたらより用途が広がると思い、いろんな設定を試してみたのだけれども、設定するだけでは出来なかったので調べてみた次第。
しかしこれで無線マイク環境が出来るようになったので、今度どこか少し広い所で話すときに使ってみようと思う。

こちらの商品も

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください