プレゼンで伝えたい事を伝えるために徹底すること

61 edited
fujimottaです。
先日、WSx2という勉強会にて5分プレゼン大会が開催されました。
参加者の方々が、5分という時間枠の中でいろんな主張をする、という内容だったのですが、前日でまだ2人分の枠が空いていたらしく。
せっかくの面白い場なのに、枠が空いてるのはもったいない!と思い、僕も発表してきましたよ。
そこで使ったプレゼンシートなのですが、なかなか好評でしたので公開いたします。

内容まとめ

ざっくりですがまとめておきます。

  • プレゼンシートに何でもかんでも入れてしまうと、何が言いたいのかわからなくなる
  • 話が伝わっていないプレゼン、漂う空気は絶望的だ!
  • 相手に何かを伝えたいのであれば、伝えたい事は徹底的に一つに絞り、それがきちんと伝わるプレゼンシートを作らなければならない。
  • 具体的には、「1スライドに入れる事」「重要な数字」「装飾」の3つから絞っていく。
  • 「だから何?」をはっきりさせて、伝わるプレゼンシートを作ろう!

大体こんな感じの話です。

実は作るときに大幅に時間オーバーしていた

0021
ここからは裏側の話になりますが、実は僕がこのプレゼンを作った初期段階ではとても5分に収まる物ではありませんでした。
そこから削ぎ落して削ぎ落して、かなりシンプルなスライドが出来上がったように思います。
実はこの「削ぎ落す」という行為こそシンプルさを生み出すためのポイントになります。
アイデアを詰め込んでふくれあがった状態から、いらない物を少しずつ減らしていく。
考え、悩みながら、不要なものを減らすこと。
これこそ、シンプルなスライドを作るための最重要行程だと僕は思っています。

告知:シンプルなスライドを素早く作れるようになる講座を開催します

セミナールーム イベント 会議室
さて、ここからはお知らせです。
6/16(土)の13:30より、大阪で「伝えたい事を一瞬で伝えるスピードスライド作成講座」を開催いたします。
この講座は、シンプルなスライドを作るためにすべきことをお話し、セミナー後実際に作る所までをお手伝いする講座です。
仕事で、あるいは勉強会で。自分のプレゼンを発表する場を持っているけれど、どうも相手に伝わっていないな…と思う方は是非ご参加いただければと思います。
2012年6月16日(土) スピードスライド作成講座

時間をかけるべきなのはスライド作成ではありません。
スライド作成の前の「プレゼンテーションの準備」です。
プレゼンテーションで何を話すべきなのか、どんな風に話を進めて行くのか。
そして、相手にどうなってほしいのか。
これらの準備をきちんとしておく事で、相手の心に残るプレゼンスライドが出来上がるのです。
「準備」というと、一見遠回りに見えるのですが、実はコツさえ掴めば準備をした方が素早くスライドを作成する事が出来ます。
今講座では、素早く、相手に伝わるスライドの作成方法についてお話いたします。
via: 2012年6月16日(土) スピードスライド作成講座

東京での開催も準備中です。

セミナー 準備
また、東京での開催も計画しております。
決まっているのは『6/24(日)に開催したい!』という事だけですが…。
気になる方には詳細が決まり次第ご連絡を差し上げます。
以下からご登録下さい。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.