「プレゼンに仕込んだギャグが滑りそうで…」←プレゼンテーションで何を伝えたいの?自分の面白さ?

と、ツイッターで投稿されてたので、補足的にエントリ。

プレゼンテーションでギャグを仕込んで、ウケをとろうとする人がいますけれどアレって正直辛いですよね…。
そういうケースで本当に面白いことってまれだと思うんですよ。 そもそも、プレゼンテーションをしている貴方は何のエキスパートとして話をしているのでしょうか。漫談家? であれば、第一にウケることを考えてもらえれば良いかなと思います。
とはいえ、ギャグを入れるの禁止、という訳ではありません。
ギャグを入れてもいいけれど、過度に期待するのはやめておいてほうがいい、ということです。
ギャグを入れて「滑ったらどうしよう…」と悩む人がいますが、そんな事を悩むぐらいだったらどうすれば話を聞いてもらえるかを考えた方がいいですよね。
ギャグを考えるじかんがあるんなら相手が何を考えて、どういった事に困っているのか。それを少しでも考えた方がいいんじゃないかなと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください