習慣化なんて出来ないと思っていた僕が習慣化できた理由

C789 keitainotepen
去年から5日連続で動画を投稿してみましたが、現在動画が収録できる環境じゃないのでちょっと間お休みします。
来週からまた始めますね。
さて、今日は先日Twitterで投稿してちょびっとだけ反響があったツイートについてまとめてみます。


「続けようとするから続かない」って、なんだか禅問答のようですね。
ただ、続けようとすることを目的にすると確かに続かないんです。それはなぜか。「続ける」にはゴールがないんです。
続けたいことを本当に続けるときに必要な物。
それは、「目標回数を設定すること」です。
これ、本当にいろんな人が言ってますよね。
個人的に印象に残っていたのはブロガーのgoryugoさんがやっていた日刊の投稿でしょうか。
Posterousのテキトー日記のススメ | ごりゅご.com
これが2010年11月16日の投稿ということで、今はまた別の形になっておられるとは思うのですが、goryugoさんのこのスタイルは非常に興味深いものでした。
これ、リアルタイムに僕も見ていたのですが、当時の自分は忙しさや疲れにかまけて何も出来てなかったんですよね。
でも、今になってこのスタイルの「良さ」みたいなものを体感しています。
僕自身も今まで続かず悩んでいたことがいろいろとあります。
たとえば、それが動画のYouTubeへの投稿だったり。
これを、目標回数を設定して実際に自分でも続くかどうかやってみました。
その成果が、実はこの5日間の動画投稿だったのです。
● 一日目:たった3ステップ!Keynoteだけでレクチャー動画を作成する方法 
● 二日目:素早くスライドを作るための3つのポイント
● 三日目:「アウトライン機能」でスライドの下書きを素早く作る
● 四日目:スライド装飾を効率化|複数枚を一挙に装飾することができる「マスタースライド」機能
● 五日目:眠気を誘う恐怖の機能|スライドでアニメーションを使うときに意識したいこと
実のところ、当初の目標は「3回」でした。
3日連続で投稿できれば御の字だと思っていたのです。
ところが、結果は5日連続投稿が出来てました。
想像していたよりもちょっと長く続いたんですよね。
これ、長く続いた理由はもう一つあります。
実は、3日目に一度振り返ったのです。
当初の目標「3日連続更新」をクリアしたとき、ふと自分の足跡を見たくなったんですよね。
どこまですすんだんだろう、 と。
この3日間でどれだけ進めたのかを振り返ってみると、やってみて「イマイチだったなー」と思ったこと「もっとこうしたら良かったな〜」と思ったことが自然と出てきて。
で、それが頭によぎった時、「これを生かさずに終わるのってちょっと勿体ない。もうちょっとだけやってみようか」と思えたのです。
次に考えたのは『じゃあ、あと少しだけ続けるには何が必要なんだろう…』ということでした。
● ああ、明日から当面は収録できる環境じゃないから撮り貯めしておこう
● ブログエントリは、あとで動画を見て内容を確認しながら書いていこう
● 動画はあげる前にブログ内容をあらかた仕上げておくようにしよう 
…と、おおまかではありますが指針が出来て、実際には5日連続投稿をすることができました。
さて、このエントリで僕がいいたいことは1つです。
続けるのであれば、まずは小さな回数目標を設定しようということ。
今回はまず3回を目標に設定しました。結果として、5回連続で投稿できました。
これは、当初の目標の1.6倍の成果です。東京ドームなら1.6個分です。とてつもない大きさの成果ですね。 
この手法、恐らく続けたいことだけではなくて、やめたいことでも通用しそうな気がしています。
多量に糖分をとらない、だらだらとゲームをしない、 のようなことでも、「3日間は」しないように決めちゃう。
その後のことはその後で考えれば良いのです。
そうすれば、やめるときに変なプレッシャーを感じることもない。
何かを続けたいと思っているけれど、なかなか続けられない、という人は、まず「ずっと続けなければ!」という枷を外し、「とりあえず3日続けよう」という風に小さくスタートしてみることをおススメします。
追伸:ちなみに「続けようとするから続かない」ということを教えてくださったのは、シゴタノの主宰である大橋悦夫さんでした。
シゴタノには習慣化に参考になるエントリがたくさんあるので舐め回すように読むと良いです。

▼ 必見エントリ
● シゴタノ! 3日目から習慣化までの間にあるもの
● シゴタノ! やるべきことを習慣にするコツ
● シゴタノ! 習慣を長続きさせるための3つのポイント
▼ 投稿数が多すぎて全部は網羅できない!ので、こちらから探してみてください。自分もこれから読みます。
● シゴタノ! 検索キーワード「”続ける” | “習慣化”」

コメントを残す