ブログが書けないのは○○○を書こうとするから

最近、前日に書いて当日朝投稿、というスタイルがようやく確立でき、連日ブログ投稿が出来ていました。

ところが、昨日自宅に帰ってきてからなんだかブログが書けません。
何にも思いつかないもんで、帰省時の行動履歴を晒してみたりしたものの、なんだかピンと来ません。

そう、「ブログ書けない病」の再発です。

ブログ書けない病は何度もやってくる

こんなブログでも既に4年以上やっており、いろいろと試行錯誤を繰り返して(時には放置して)今までやってきた訳ではありますが、この「ブログ書けない病」は持病のごとく再来してきやがります。

でも、これも何度も来た波です。

こんな僕でもそろそろちょっとずつわかってきました。
なんで自分が書きたいと思ったときに書けないのかが、です。

ブログが書けない理由

結論から言います。
「ブログが書けないのはブログを書こうとするから」です。

哲学的な答えになってしまいましたが…。

今までの自分の経験上、スムーズに書ける時はブログを書こうとした時ではありません。

Twitterの返信方法、こういう風に捉えたら良いのに」とか「Bloggerをもっといろんな人に紹介したい」とか、「お肉柔らかくする方法めちゃくちゃ便利!」とか。

このあたりは、書きたい!と思ったあとは勢いで書き始め、とりあえず書ききるまで書いたという記憶しかありません。

伝えたい、書きたいと思ったことを普段から受け止めておく

スムーズに書けるという時は、「伝えたい」「書きたい」というものがきちんとあるとき。
普段から「伝えたい」「書きたい」と思った時にきちんとそれをキャッチしておく、メモしておくことが重要になるんですね。

コメントを残す