「まあいっか」主義

Maaikka 031 001
様々な情報が氾濫し、うまくやる方法がたくさんある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
最近、僕はある考え方にハマっています。
それが「まあいっか」という考え方。

何か物事を進めるときに、どうしても100%の結果を求めすぎてしまい、本質を置いてけぼりにして進まないなんてことがよくあったんですよね。
魚の煮付け料理で言えば、出汁にこだわりすぎて魚をさばくのを後回しにしているような、そんな感じです。
たぶん。
そういう状況にあってもやっぱり100点を取りたいと思ってしまい、必死にやっていたのですが、ある日損な自分に疲れていることに気づいたんです。
そんなとき、ある人が呟いた「まあいいんじゃない?」という一言。
この言葉に、救われた自分に気づいたのです。 
ちなみに、これ、諦めの言葉ではありません。不要なものを捨てる言葉です。
目的を達成しているのであれば、それ以外の部分はまあいいこと、いっぱいあるんですよね。 
あなたが今こだわっているそのこと、本当に必要なこだわりですか。
何を達成するためにこだわっているんですか。

もしかすると、あなたも不必要にこだわっていることがあるかもしれませんよ。

コメントを残す