掃除機よりもずっと小回りが利く、リビングで大活躍の掃除道具


お部屋の掃除、何を使われていますか?
サイクロン式掃除機?それとも紙パックの掃除機でしょうか。

たしかに、細かいゴミをパワフルに吸い取ってくれる掃除機はお掃除の必需品です。
でも、毎日の部屋掃除にわざわざ掃除機を使うのって面倒じゃないですか?

最近私がハマっているのが「ほうき」。
それも、はけの部分が柔らかいほうきです。

Mybloom
▲100円ショップで買いました。

ほうきで床や隅にたまっているゴミを搔き出し、ホコリも集めてからまとめたあとで、掃除機を使う。
たったこれだけのことだったのですが、掃除が楽しくなりました。

掃除機と違って、ほうきは小さなゴミを集めるしか出来ません。
でも、ゴミを集めることに関しては掃除機よりメリットが多いんです。

ほうきのメリット

たとえば、その重さ。

掃除機はなんだかんだで1キロ越えが普通ですが、小さなほうきはせいぜい300~500グラム。
お手軽です。

それに、電源不要ですよね。
わざわざコンセントに指して、電源を入れて…という手間なく、ささっと掃けてしまいます。

あとは、ゴミの「見える化」も掃除のモチベーションアップに繋がっています。
ほうきで掃除していると「こんなにゴミがあったのか!うーん、掃除してよかった!」と思えるんですよね。

ということで、部屋の片隅にそっとほうきを置いておくことにしました。
ほうきで気になるホコリやゴミをかき集めて、最後に掃除機で吸い込む。
これだけで一気に床掃除が楽になってしまいました。

掃除機は出すのが大変だった

ほうきを使っていて改めて感じたのは、掃除機は自分のなかでボトルネックになっていたのだなということ。
ただ、実際は掃除機を使っているので、先にホコリをまとめてやるだけなのですが、それでも「隅から隅まで掃除機で吸わなくちゃ」と考えて掃除に取りかかるよりもずっと気楽になりました。

昔はよく使っていたのに、最近は見る機械が少なくなっているほうき。
あなたも使い勝手のいいほうきを探してみて、ほうき生活を始めませんか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください