適材適所を考えながら道具を使う楽しさ

Windows10のタブレットモードを触って、そういえばMacにも1画面に1つのウインドウしか出さない、似た機能があったなと思い返す。

Macには、フルスクリーン機能がある。
一つのウインドウのみを画面表示させ、作業スペースを確保する機能だ。


Windows10のタブレットモードと似ているようだが、この二つはまるで違う。フルスクリーンモードはマルチウインドウの延長として存在しているようで、タブレットモードはシングルウインドウが大前提のモードなのだ。

Macのフルスクリーンモードは、ほかのウインドウに切り替えると割と簡単にマルチウインドウ画面に戻れる。
これは非常に便利な反面、他のものに注意がそがれることもある。

Windowsのタブレットモードは、ほかのウインドウに切り替えても常にシングルウインドウだ。
左右に画面を分割し、複数のアプリを表示させる機能もあるが、あくまでも基本はシングルウインドウだ。

なんにせよ、画像編集や動画編集、ブログの画像編集+投稿など、複数の種類の編集作業を行うにはやっぱりマルチウインドウでないと不便極まりないことも多い。
半面、自分の考えを出す、文章を書く、というような作業の場合はシングルウインドウのほうが向いている。

もちろんこれらは自分の場合、ではあるけれども、それでも適材適所を考えて道具を使い分けるのは楽しい。

コメントを残す