一人でビジネスを始めたいなら、まず発信の拠点を作ろう

オンラインブログもくもく会でお話をしながら考えたこと。

参加者のイウラさんが、「私のブログのターゲットと読まれてる層が違っている」という話をされていたので、ああ、確かにそういうことって多いなーと共感していました。

むしろ、そうやって共有(今回はブログ投稿ですが)してみることで、世間の反応だったり、人からの声が聴けるというのが実は面白いところだなと感じています。

ちょっと脱線しますが、一人でビジネスを始めたいと思っている人は、早い段階で発信の拠点を作るべきだと思っています。

一人で考えている段階だとどうしても偏ったイメージで書いてしまうのですが、例えば早い段階で「あ、これはみられている人が違うぞ」とわかれば、読んでくれる人のイメージを変えて書くのでもいいでしょうし…

そのまま、自分のターゲットはターゲットとして(でも読んでくれる人はターゲットと違うことも認識しつつ)書き続ける、というように、複数の選択肢が生まれてくるんですよね。

結果として、どういう仕事ができるのか、どういうビジネスの可能性があるのか、という話まで展開が広がって行くことも多いです。

テストマーケティング的な使い方もしつつ、また自分のフォロワーを増やすためにも、まずは発信してみることが大事だなと改めて感じる初夏の午後でした。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.