恐怖しかない!もっとアシストを「カタカムナ」で読み解くと…

最近私の奥さんが「カタカムナ面白いよ!」と言って聞かないので、じゃあもっとアシストを読み取ってみてよ、と言ったら、恐ろしい解釈となりました。

そもそも、カタカムナってなんぞや、というところですが。
以下のページより参考にさせていただくことに。

こちらによると…

1〜3万年前に生まれたと言われる超古代文字。

この文字を読み解くことで分かることは無数にあり、現在わかっているだけでも科学・エネルギー・農業・宗教・精神論など様々な応用のされ方があります。

まあ、要はパワーを持った古代文字ですよってことですね!
その言葉にどんなエネルギーの意味があるのかが読み解けますよってことでしょうか。知らんけど。

(ただ、上記サイトによると「おっぱい」をカタカムナで読み解くことで、とんでもないオチが待っていました。
詳細は上記リンクからどうぞ。)

で、私が気になったのは、「もっとアシスト」を解釈するとどうなるのか、ということ。

きっととんでもない意味が隠されているはず…ということで、早速解釈してみました。

「もっとアシスト」もやってみた

書いて見たのが以下の写真。

書きながら思ったのですが、自分こんなことして大丈夫なんかな…。

まあ、やってしまったのはしょうがない!どんどん行きましょう!

今度は1文字ずつ解釈していきます。

モ:もやもやしている

もやもやしている

「モ」には「もやもやしている」という意味があります。
迷っているような、漂っているような、そんな感じですね。

ツ:集う、密度が高まる

集う、密度が高まる

「ツ」には、集まる、密度が高まって行く、というような意味があります。
モヤモヤしたものが集まってくるのでしょうね。

ト:統合、高次元に溶け込む

統合、高次元に溶け込む

「ト」は統合という意味があります。
集まったものが今度は統合されるという。

ア:生命、感じる、ワンネス

生命、感じる、ワンネス

「ア」でちょっと急展開。生命とか、感じるとか、ワンネスとか。
急にスピリチュアル感が出てきました。ワンネス。

シ:示し、現象として示される

示し、現象として示される

「シ」は示すとか、現象として現れるというような意味があります。
生命が出てくるのか!?

ス:進む、極限の進行状態

進む、極限の進行状態

「ス」には進む、極限の進行状況という意味があるようで。
現れたものが進んで行きます。もうわけわからん。

ト:統合、高次元に溶け込む

統合、高次元に溶け込む

「ト」は統合する、高次元に溶け込む。先に説明しましたね。
しかしこの流れからすると、現象として現れて進んだものがまた高次元に溶け込んでいくということですね。

はー。もうさっぱりです。

もっとアシストが表す言葉の意味は…

ちょっとまとめましょう。

もっとアシストさんの投稿 2017年10月27日(金)

  • も:もやもやしている
  • つ:集う、密度が高まる
  • と:統合、高次元に溶け込む
  • あ:生命、感じる、ワンネス
  • し:示し、現象として示される
  • す:進む、極限の進行状態
  • と:統合、高次元に溶け込む

これはつまり

モヤモヤしていた人たちが自発的に集い、
統合することでワンネスとなったあと、
示し進む道がみえてきて最後に高次元に溶け込んでいく

ということなんですね…

まとめ

もっとアシスト、超怖い。

[mailpoet_form id=”4″]

コメントを残す