ITコーチってパソコンインストラクターのことですか?

ITコーチってパソコンインストラクターのことですか?

というご質問を受けました。

いい質問ですねぇ!(言いたかった)

実は、ITコーチって世の中にはない職業です。ということはあれですね!ちゃんと説明しないと、ただの変人で終わっちゃうやつですね!ということで、ここで説明をしておきますね!

パソコンインストラクターとは

パソコンインストラクターとは、あくまでもパソコンなどのIT機器の操作を主眼に置いて、やりたいことがある人に、それを教えてあげる、というような感じです。

もともと私もパソコンインストラクターを名乗っていたことがあったのですが、私がパソコンインストラクターとして働いていた時、インストラクターは本当に玉石混交で、一方的に話を押し付けている人も少なくなかったのです。

ITを使う時、楽しい顔をして欲しい

もちろん場所や会社によるところもあるでしょう。でも、そういう人に教えてもらった人はパソコンの前で暗い顔をしているんですね。

そりゃそうですよ。楽しくないんだから当たり前です。

教えることは大切ですが、最後には自分でやりたいと思えるようにすることが大切です。私はこれを「自転できるようになる」と言っていますが、こうなると勝手にどんどん新しいことにチャレンジできるようになるんです。

そのためには、正しい方法よりも、楽しむためのコツだったり、その人に適した手法を選ぶことの方が100倍大切なのです。

IT活用で、自転できる人を増やす

一人一人が本当はどうしたいのか、何をすれば達成感を得られ、そして、ITにおいて「自転」できるようになるのか。これを、相手から引き出すことに主眼をおいて活動してきました。コーチング、ファシリテーション、コンサルティングについても学び、どうすれば最大限、無理なく魅力を発揮できるようになるのかを意識してきました。

で、ふと考えたんです。私はやっぱり相手の気持ちや状況を知りたい。知った上で、もっともっと、今より相手に適したITの技術を使って欲しい。と。で、これはもうITのインストラクターではなく、コーチなんじゃないかと。

かくして、私はITコーチとして活動することになったのです!


機械の前で操作がわからず、モヤモヤしている人。一度お問い合わせください。1セッションでみるみる解決法が見つかりますよ!

コメントを残す