感覚派の人が、ITに詳しい人から話を聞いても理解できない3つの理由

感覚タイプのあなた。
ITのことを聞いたらこんな風になったことはありませんか。

  • ITのことを聞いたら理詰めで説明されてさっぱり理解できなかった…
  • 相手の言っている内容のレベルが高すぎてついていけなかった…
  • 同じことを二回聞いたらめちゃくちゃ怒られた…

なぜ、このような不幸なことが起こってしまうのでしょうか。

何故こんなことが起きるのか

理由は簡単です。それは、説明する人が…

  • 「感覚タイプに説明をすること」に慣れていない
  • いろんなレベルの人に内容を伝える経験がない
  • 一度で器用に覚えられる人だった

だから、そんな人から話を聞くと、さっぱり理解できないまま終わってしまうのです。

藤本高司のITカウンセリングは何が違うのか

わたしが提供するITカウンセリングは他の方と決定的に違います。
何故違いが出るのかについてお話しします。

私が何度聞いても怒らないのは、私自身がそうだったから

私自身、社会人になった頃はメモも取れず、散々怒られ続けました。
私は一度見て、流れを把握してからでないとメモが取れなかったんですよね。
さらに物覚えも他の人と比べると圧倒的に悪く、メモがないと覚えることもできません。

1回しか教えてくれない。
でも1回ではメモがあいまいになってしまう。
そしてあいまいなメモでは仕事ができない。

私にとっては、「教えられること」はトラウマ以外の何物でもありませんでした。

そんな経験をしてきた私だからこそ、何回聞かれても怒ることはありません。

だって、怒られれば気分は下がるし、楽しくない。
楽しくなければ続けられないですよね。
続けられなければITを道具として使う意味なんてなくなります。

何度聞いても覚えにくいという人には、楽しく覚えられるようになる工夫を散りばめながらお伝えいたします。

私が相手のレベルに合わせられるのは、多種多様な人に伝えてきたから

私は、パソコンインストラクターとしてそれこそ何百人という人にパソコン操作を教えてきました。
そんな自分のキャリアの中で最も過酷だったのは「求職者支援訓練」のパソコン講師として、大阪の難波で働いていた頃です。

求職者支援訓練というのは、主に雇用保険を受給できない求職者の方などを対象として、民間訓練機関が職業訓練を実施するというもの。
つまりこれは、全くパソコンを知らないだけでなく、今までのキャリアもバラバラの人たちが何十人も集まって一緒にパソコンを勉強するという制度だったのです。

難波って、どんなイメージがありますか?
華やかなイメージ?上品なイメージ?
もちろんそういう人もいますが、残念ながら全ての人がそうではありません。

それこそ今まで一切パソコンを使わず事務作業をしていた人や、肉体労働しか経験のない人もたくさんおられました。
そんな中で、経験やスキルがバラバラの人たちに一様に同じ内容を伝えるためにいろいろと試行錯誤せざるを得なかったわけですね。

給料も生活ギリギリの水準だったり、契約も1ヶ月飛ばしだったりと、当時は本当に苦労ばかりでしたが、しかしその経験があったからこそ、今はどんなレベルの人にでも合わせられるようになったわけです。

私が感覚タイプに説明できるのは、感覚タイプの人に説明し続けてきたから

さて、私自身はどちらかといえば理解しないと行動できない「理論タイプ」なのですが、なぜここまで感覚タイプの人のことがわかるのでしょうか。
それはひとえに、超感覚タイプの私の妻のおかげなのです。

ここで、私の妻の話をさせてください。

私の妻は、5歳ぐらいの頃から絵を描いています。
そして、20年間、基本的には誰かにみせるわけではなく、自分の満足のためだけに書き続けてきました。
その実力はなかなかのもので、プロとしてお金を稼ぐことができるレベルのスキルでした。
でも、彼女はそれをできなかった。自分一人の力で販路をつくることができなかったからです。
私は、それが本当にもったいなく思えたのです。

こんなに素晴らしいスキルがあるのに、もっと多くの人に広まるのに、なぜそれをしないんだろう、と。

でも、妻にその話をしてみると、しないのではなく、できないのだと教えてくれました。
私がすんなりとブログを立ち上げているのをみて、自分は全くできないことだと教えてくれたのです。

彼女のその言葉を聞き、彼女にでもできるようなビジネスの土台を、私が代わりに作り上げる決心をしました。
それこそ、ビジネスモデルを考え、どう告知していくのかも含めた土台です。

そうして土台を作った後、それを運用する方法を伝えることで、彼女一人の力で4年間も続くSNS向け似顔絵提供サービスが出来上がったのです。

ITを駆使した土台を作ったとしても、妻に使ってもらうにはわかりやすく説明する必要があります。
そのために、時間をじっくり取り、一歩一歩をていねいに教えていきました。

その経験のおかげで、今は感覚タイプの人に「本当に丁寧」「わかりやすい」と言われるようになったんですね。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.