私が突然岐阜へ行こうと思った3つの理由

11/6から、5日間かけて、岐阜(と愛知と福井)に行ってきました。

岐阜に行った理由はただ一つ。

「岐阜に絡む出来事が増えて親近感を強く覚えた」ということだけ。

たったそれだけの理由です。でも、行ってきました。

ちょっと頭おかしいですよね。いい意味で。


初日は移動中に静岡で車中泊。
二日目には愛知県の名古屋市→福井県の敦賀市でお友達に泊まらせていただく。
三日目に岐阜県大垣市→恵那市→下呂温泉で温泉入って車中泊。
四日目には高山へ行き、君の名はツアー。最後に移動中に長野で車中泊。
五日目に自宅へ帰ってきた、という感じ。

車中泊しすぎな件。


そもそも、なぜこの旅に出ようと思ったのか。
3つほど理由があります。

一つ目は、
「常識で考えてしまう自分の殻を破りたかった」
ということ。

給料をもらうから
働かなきゃいけないから
お仕事があるから

そういう常識にとらわれて
自分の行動が全く自由じゃないことに
気づいてしまったのです。

思い立ったら、翌日にも行けるのに。


二つ目は
「本能の赴くままに行動してみたかった」
ということ。

思い立った翌日に飛び出す。

これ、自分の中でなかなかできないことでした。
やっぱり常識にとらわれていたんですね。

行ったあとでどうなるかはわからない。
行ったところで、何もえられる確証はない。

でも、今は行ける。

じゃあ、行ってみるしかない。


三つ目。
「今を逃したら二度と来られない気がした」
ということ。

岐阜は、夏は暑く、冬は寒いと聞きました。
つまり、今を過ぎると
今度は雪が降ってくるそうです。

今回は本当に天候に恵まれました。

前日までは最低気温が一桁でしたが、
私たちが伺った時期だけは
2桁台まで気温が上昇。

おかげさまで、途中の車中泊時も、
寒さに苦労することなく過ごせました。

でも、これを逃していたら
どうだったでしょうか。

寒くなり、雪が降って来て
自分の行動もどんどん停滞していく。

まあ、いいか、の積み重ねで
結果として「行かなくていい」に
なってしまいそうです。


だから、今、行かないと
きっと行けなかったなと。

今となってはそう思います。


これは、とある方からもらった言葉。

「岐阜が気になったの?だったら行ってみれば。
というかなぜ行動しないの?意味わかんないよね。」

これを言われたあと、
すっごい考えこみそうになったけど
とりあえず「行きます」って言ってた。


で、来てみて、いろんな人の話を聞いてみて
自分の純粋な気持ちに気づけました。

今、ここだから言いますが
私が本当にやりたいのはITじゃないみたい。

本当にやりたいのは、夢のお手伝い。
やりたいことで周りに貢献できることを見つける
お手伝いなんですね。


それに気づけたとき、不思議と自然とボロボロ涙が出ていました。

ずっと探していたんですよね。
本当の自分の役割を。

それに、ようやく今、気づけた。
確信が持てるようになった。

そして、それが叶うと夢の連鎖が始まるんだな、と。


私が知っている人の夢が叶うとその人の知っている人の夢が叶っていく。

自分にはそれができると確信すると「自分の中の無価値観」なんて消え去りました。

同じことを、周りにも伝えて行きたい。
そのためのお手伝いを全力でしたい。

今はそのために、力を尽くしています。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.