できないのは〇〇が高すぎるから

Photo by Ruthson Zimmerman on Unsplash

去年、メルマガが書けなくなった時
ある一つのルールを
徹底することにしたのです。

それは、
「完成度レベルを気にしない」
ということ。


それまでは目標を高く
掲げ過ぎていたのです。

気負いして手がつけないのは
本末転倒です。

そうではなく、10%でもいいから、
とりあえずやってみる。

これで、「結果」を少しでも
見えるようにしてみました。


ちょっとやってみた結果
これはもっと進めそうだぞ。
このままやってみよう。

ちょっとやってみた結果
うーん、いまいちノラない。
やり方が違うのかも。

というような、
小さな結果を出すように
今は意識しています。


「高品質」という高いゴールの代わりに
「小さな制限時間」という低いゴールを
細かく設定しています。

このエントリも、
15分で書こうと決めて
書いていました。

そうすれば、
普段の生活サイクルの隙間時間で
できるレベルが見えてきますよね。


また、慣れれば
15分で書き切るレベルも
少しずつ高くなっていきます。

というように、
あえて縛りを入れてやることで
半強制的に次のステップに
進めるのではないか。

そう感じています。


※ちなみにそれでもできない場合はそれが向いていない可能性もw

 

コメントを残す