WinもMacもOK!待つだけで音声をテキスト書き起こしする方法

ふじもった
こんにちは!
ふじもったこと藤本高司です。

オンライン講座を作ったり、あるいは雑談をコンテンツ化したり、喋ってコンテンツをつくるのは抵抗ないけれど、文章を書くのが苦手な人には超朗報です。

今回、待つだけで音声をテキスト書き起こしする方法を見つけたので、ご紹介しますね。

ふじもった
使うサービスはYouTubeです。

通りすがりの女の子
え?YouTube?
ふじもった
そうなんです。YouTubeを使うと、音声のテキスト書き起こしができるんですよ。

自動字幕起こし機能を使用する – YouTube ヘルプ

YouTubeには実は「自動書き起こし」機能が実装されています。これは結構前から(2014年にはすでにあったそうです)存在していた機能だったのですが、当時は精度もそこまでではなかったように思います。

ところが現在は相当精度が上がっており、かなり実用的なレベルになっています。

通りすがりの女の子
へぇ!すごいのね!
ふじもった
そうなんです。この機能を使わないのは勿体無い!

ということで、今回は、YouTubeを使った書き起こしの方法を紹介したいと思います。

ちなみに「YouTubeを使うなんて、自分の音声が世界中に公開されてしまうじゃないか!」と心配される方もおられるかと思いますが、それをきちんと回避する方法もご紹介しますのでご安心くださいね。

音声を収録する

Photo by Jacek Dylag on Unsplash

まずは音声を収録します。
これは、MP3形式かm4a形式になればどんな方法でもOKです。

MacだったらQuickTime、Windowsだったらボイスレコーダーを使ってあげるといいでしょう。

通りすがりの女の子
MP3対応のICレコーダーを使うのもよさそう。

精度をあげるために意識したいこと

自動翻訳の精度をあげるためには、音声収録時に以下のことを意識すると良いです。

できるだけ滑舌よく

人が聞き取りにくい話し方をしていると、コンピューターはもっと聞き取ってくれません。
当たり前のことではありますが、滑舌よく話すことは基本になります。

ゆっくり話す

これも先に言ったことと同じではありますが、聞き取りやすくするためにゆっくり話すのも効果的です。

ちょっと大げさに抑揚をつける

あとは、言葉の区切りや意味合いを読み取りやすくするのに抑揚をつけてあげると良い感じですね。

人に頼む時と同じように、当たり前を丁寧に

  1. 滑舌よく話す
  2. ゆっくり話す
  3. 抑揚をつける
ふじもった
上記の3つを意識してあげると、かなり精度が高い書き起こしを作ってもらえます。
通りすがりの女の子
当たり前の部分を丁寧に意識することが大切なのね。

音声を動画形式に変換する

さて、音声を収録できたら早速YouTubeにアップロード!といきたいところですが、そのまま音声だけではYouTubeにアップロードできません。

YouTubeにアップロードするためには、音声から動画の形式(mp4など)に変換する必要があります。

ここで、音声をMP4などの動画形式に変えてくれるサービスを活用します。

2018年3月2日現在であれば、MP3TUBEを使うことで、mp3形式からmp4動画形式に変換できます。

MP3TUBE – 無料の動画/MP3変換サービス

ふじもった
これ以外にも色々とサービスはあるので、自分にとって使いやすいサービスを探すといいですよ。

YouTubeにアップロードする

音声ファイルを動画ファイルに変換できたら、ようやくここでYouTubeの登場です。

YouTubeに動画をアップロードするために、YouTubeの利用登録はしておきましょう。

YouTube でアカウントを作成する – パソコン – YouTube ヘルプ

さて、YouTubeにアップロードできる準備ができたら、実際にアップロードしていきます。

アップロード – YouTube

ふじもった
ここで、公開範囲をきちんと設定しておきましょう。

いきなり一般公開してもOKな音声であればそのまま「公開」でもいいのですが、もし人に公開したくない音声であれば「非公開」にしておきましょう。

通りすがりの女の子
いきなり公開は困るから、忘れずに設定しなくちゃね。

※限定公開であれば検索からのヒットはされませんが、URLを知っている人はアクセスできてしまいます。

寝て待つ

Photo by Wil Stewart on Unsplash

アップロード、そして字幕自動書き起こしには時間がかかります。

アップロードが終わって、すぐに字幕ができるわけではないので、ちょっと余裕を持って待ちましょう。

通りすがりの女の子
実際、どれぐらい時間がかかるのかしら?
ふじもった
処理は世界中で行われているので、1時間ぐらいは余裕をみておいたほうがいいかもしれませんね。

字幕をダウンロード

アップロードした後で、ある程度時間がたつとYouTubeで以下のように字幕が自動作成されています。

クリエイターツール>動画の管理>(書き起こししたい動画の)編集>字幕
の順にクリックすることで出てきます。

自動で書き起こされた字幕ファイル(SRTファイル)をダウンロードします。

あとは文章を確認し、整えていくだけ

ダウンロードできたsrtファイルは基本的にテキストファイルなので、テキストを扱えるソフトで開くことができます。

あとは自分で内容を確認、調整していけばOKです。

以上です。

通りすがりの女の子
私でもできそうだわ!早速試してみるね!ありがとう!

Googleドキュメントを使う方法もありますが、こちらはプラットフォームの縛りが少なく、余分なソフトウェアを用意する必要もないのでお手軽です。

ふじもった
簡単に、なかなか高い精度で文字起こしができるので、是非お試しいただければと思います。

コメントを残す