モチベーションが上がる「人生の目的」の見つけ方

あなたには「人生の目的」はありますか?日々、モチベーションが上がらず、やる気が出ず、
「生きるため」「生活するため」に人生を過ごしていませんか。

うんうん、わかります。
だって、私ががずっとそうでしたから。

ですが、そのままだとやる気はおろか、
生きる希望さえなくしてしまうことさえあります。

今回は、「人生の目的が見つかる魔法の杖」という本から、
そんな自分を奮い立たせ、そして人生をバラ色にしてくれる、
そんな、自分だけの「人生の目的」を見つけるには
どうすればいいのかについてまとめてみます。

モチベーションを途切れなくする「人間的成功」

世の中には、2つの成功があります。

「お金を儲ける」「出世する」といった「社会的成功」と、
「他者に貢献する」「奉仕する」という「人間的成功」です。。

モチベーションを上げるためは、成功が必要です。

なので、ひとはついつい目に見えやすい、わかりやすい「社会的成功」を目指してしまいがちです。

ですが、社会的成功は限りがあります。
ある一定ラインを超えてしまうと、とたんにその価値が意味をなさなくなってしまうのです。

社会的成功は、失うのも一瞬です。
お金も、なくなったら終わりですし、地位も、ひとから裏切られるとあっという間に失脚することもあります。

ところが、人間的成功はそうではありません。
論理的な理由がなくとも、その人が一生懸命に何かを貢献している。
その意思は、決して誰にも奪うことはできません。

自分の人生をより鮮やかにするためには、この「人間的成功」を目指していくことが大切になります。

人間的成功は、その人の「人生の目的」から生まれていく

さて、この人間的成功を得るためには、何をすればいいのか。
その答えは「人生の目的」を得ることにあります。

人生の目的。

理由もなく、理屈では考えられない。
でも、ついついやってしまうこと。
自分が手を出さずにはいられないこと。
やっていることで、嬉しい気持ちがあふれること。

それをすることで周りに良い影響を与えること。

そんな人生の目的を持つことが、無限のモチベーションを生み出すために必要なことなのです。

師を持ち、師に従う

とはいえ、人生の目的はそう簡単に見つかるわけではありません。
特に、自分の人生、自分だけを見つめていても、自分の目的を見つけられるわけではないのです。

大切なことは、学ぶ姿勢。
師を持ち、そして素直に師に従うということです。

師というのは、なにもすべてを教えてくれる人というわけではありません。
自分と同じことをやっている人というわけでもありません。
その姿、姿勢、言葉。出てくるものから「学ばせていただく」と思える人。

それこそが、「師」なのです。

そう考えると、なにも人だけではないでしょう。
ある人によっては、書物が「師」だと考えることもあるかもしれませんし、またある人は、大自然こそが「師」であると捉えるかもしれません。

師から学ぶこと。
それを素直に実行していくことで、自ずと自分がすべきことが見えてくるのです。

「感謝」「感動」「感激」にこそ「人生の目的」がある

「人生の目的」を見つけるとき、ヒントになるものは3つあります。

それは「感謝」「感動」「感激」です。

感謝:ありがたく思って礼をいうこと。心にありがたく感ずること。
感動:物に深く感じて、心を動かすこと。
感激:気持がふるいたつこと。強く心を動かすこと。

と、それぞれ若干意味合いは異なりますが、共通することは「感じること」です。

自分が感じることは、人が感じることと違います。
その違いこそが、自分自身をオンリーワンたらしめるものです。

その感じたことを、一つ一つを味わい、そして一つ一つ得られることが有り難いことだと感じられると、自然と自分のなかの人生の目的が見えてくるようになります。

とはいえ、そうかんたんに感謝したり、感動したり、感激したりできない、という思いを抱く人も少なくないのではないでしょうか。

満たされていることが当たり前になり、それがないということを体験したことがないと、ほんとうの意味での感謝をするのは難しいものです。

もし「本当の意味での感謝を見つけたい」というのであれば、今持っているものをすべて手放してみると、「ない状況」を体感できます。

極端ではありますが、たとえばお金がない、信用がないところまで落ちた人が、スッと成功への道を得るというケースは、まさにこの「究極までない状況」まで落ちることができ、本当の「自分の目的」を見つけることができたからにほかならないでしょう。

何をするかより、何のためにするのか

モチベーションが下がる一番の理由は、
結局の所「自分の目的」を持てないからに起因します。

大切なのは「何をするか」に目を向けるのではなく、もっと根本の「何のためにそれをするのか」に目を向けることです。

そうして、自分だけの「何のためにそれをするのか」さえ発見できれば、
モチベーションという言葉に惑わされることもなくなります。

自分自身の「人生の目的」を、自分の外から見つけ出し、それに基づいて行動し続ける。
そこに、無限のエネルギーが湧き出る秘密があるのです。

最後に、この本の最後に、勇気づけられる一言が書かれていますので、引用します。

“今日までの人生は、単なるウォーミングアップに過ぎない”
“あなたの人生が本当にスタートするのはいまからだ”

引用元:人生の目的が見つかる魔法の杖

そう、今からでも遅くありません。

自分の目的が見つからない…と悩み続けているあなたに、ぜひ読んでいただきたい本です。

人生の目的が見つかる魔法の杖
パンローリング株式会社 (2014-05-05)
売り上げランキング: 606

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.