このエントリは、メールマガジン「1min hacks」より転載しています。

おはもった!🤗

農耕型ITサポーターの

fujimottaこと藤本高司です。

普通、何も持ってなさそうな男には

目をかけたって無駄だと思いませんか。

ところが、そんな男に対しても

救いの手を差し伸べる方がいたんです。

今日は、その救いの手を差し伸べた

経営コンサルタントの大澤裕子さんの

お話をさせてください。

大澤裕子さん
左の方が大澤裕子さんです。
超チャーミングじゃないですか?

ーーーー

去年の9月、私は大澤裕子さんと一緒に

プロモーション用の素材を作らせていただいたのですが…

そのときに大澤さんから学んだのが

「経営者とサラリーマンの意識の根本的な違い」

なんですね。

言葉にしてしまうと

「責任を自分ですべて持つ、」とか

お客様の立場になって考える、というような

そういう陳腐な表現になってしまうのですが…

大澤さんとお話しさせていただいたとき

「経営者としてのマインドが、
 仕事だけじゃなく、生活、そして
 人生すべてに表れている」

と感じたんです。

ーーーー

…と、ここまではFacebookに

シェアしている話と同じですが、

このメルマガでは、もうちょっとだけ

裏側のお話もしちゃいますね。

ーーーー

大澤さんからオファーをいただいたのは

私が本当に人生を路頭に迷おうとしていた時でした。

何とか、生きてはいるけれど

正直、まともな生活ではありませんでした。

自分自身、何ができるのかわからない。

就職しても、上司と折り合いがつかない。

でも、だからといって

独立してやる目途なんて一切立たない…

(このとき、独立してやろうとして
 失敗を5回ほど繰り返しています。)

ーーーー

さらに、妻の親とももめていて

絶縁状態になっている。

あなたは、知っていますか?

親に、暴言を吐かれる辛さ。

ドアをたたかれて大きな声を出されると

自分が悪くなくても、妻は恐怖を感じて

震えだすんです。

完全に、人間不信の状態でした。

私自身も、そんな状態から

前向きに何かを取り組めるような状態ではない。

完全に、孤立無援の状態だったんです。

ーーーー

そんな時に、大澤さんと

お話をする機会をいただきました。

・自分自身、何をやってもうまくいかない。

・収入もほぼない状態で
 家にあるものを切り売りしては
 日々を何とかしのいでいる。

私は、素直に、現状では

大澤さんにお返しできるものは何もない

と、伝えました。

そしたら、普通呆れられるか

それでハイ終了、ってなるじゃないですか。

ーーーー

大澤さんは違っていました。

そこから、もう一歩踏み込んで

お話してくださったんです。

『今、そうだったとしても

藤本さんはいろんな才能や技術を持たれている。』

『とくに、メッセージの丁寧さに

私はすごく惹かれたんですよね。』

『藤本さん、今はだめかもしれませんが、

必ずその才能を生かして

事業者としてやっていけますよ!』

その瞬間は、頭が混乱して

頭ではよくわからなかったのですが

不思議と涙がこぼれていました。

ーーーー

大澤さんの娘さんは

大きな病を抱えておられます。

いまでも、定期的に入院が必要になるほど。

それでも、大澤さんには みじんも悲壮感がないんですよね。

例えば大変なことがあったとしても

それはつらいことと思っていない、ような。

私も一緒に仕事をさせていただいたとき

その大きなエネルギーを感じました。

そして、その裏側には

一切妥協をしない芯の強さがあることに

気づいたのです。

ーーーー

今回は「ランチ会」をテーマに

書かれた本ではありますが、

大澤さんのことですから、

メソッドを説いた本ではない。

本当に伝えたいことは

ランチ会じゃないんだ。

これは、私と一緒に

プロモーション素材を作っているときに

何度も言われていた言葉です。

ーーーー

今でも、大澤さんの思いは

変わっていないように感じます。

ただ、そういう切り口のほうが

多くの人を助けられるなら…

あえて、そういう表現を使っている。

ーーーー

大澤さんの目的、私は知っています。

「多くの幸せな経営者を生み出したい」

その言葉を語ってくださったのが

去年の9月26日。

そこから、約半年をかけて

今回の本を出版する運びになったそうです。

ーーーー

もし、自分の事業を作ろうとしているのなら

大澤さんのその姿勢から学ぶことは多いはず。

さらに、5/23、今日まで

Amazonキャンペーンも展開されています。

素直な話をすると、ここでどれだけ注目されるかで

どれだけ展開できるかが決まってくる

といっても過言ではないのです。

もし、この本の概要を見て

少しでもピンと来たなら…

ぜひ、あなたもご覧になってください。

▽購入はこちらから

https://amzn.to/2JUGzY8


さらに、もう一つ!

Amazonで購入後に申し込める!

▽Amazonキャンペーンページはこちら

http://www.zero-promotion.com/lunch_2/amazon/

では、またメールしますね。

追伸:こんなメルマガが毎日届く!1min Hacksはこちらから!