「カウンセラーや士業が、ブログやFacebookの使い方を学ぶ必要はあるのか?」というご質問をいただきました。ありがとうございます。

厳密にいうと、「ゆくゆく自分はプロとして活動していきたいのですが、そのために情報発信は必要だと思います。一方で、それに時間を割くのも難しいという現実もあり、これにかける時間は限られてしまうのです。ブログとかYouTubeとかって習うべきですか?それとも誰かに頼むべきですか?」というお話だったのですが、これについての私の考えをまとめておこうと思います。

集客ツールは学んでおいたほうがいい

結論から言いますと、学ぶべきです。

というのも、ビジネスを作っていくにあたって、人との出会いが何よりも大事なスタートラインになるからですね。

例えば、自分が商品を作ったとして、それを欲しいと言ってくれる人がいなければ、いつまでたってもビジネスとして成り立たない。

結果、自分のビジネスなどできるはずもなく、どこか想定外の形で収益を上げなければならなくなるのですよね。

自分がすべきかどうかは話が別

とはいえ、それを学ぶことはあっても、それを実際に実行する人は自分でなくてもいいのです。誰かに頼むことがあってもいい。

ただし、頼むときに、どう作られているのか、どういうものが必要なのかのイメージが湧いていないまま発注してしまうと、自分のイメージしたものと全然違うものが納品されてしまうことだってあるのです。

自分の意図をはっきりと持ち、ゴールに向かうために依頼をする。だから、細部は任せるにしても、本筋を絶対にブレさせないように、自分でも出来上がってくるものの責任を取るつもりで、製作中も色々と確認する必要があるんです。

そうなったときに、その知識があるのとないのでは結果が全く異なります。

人に頼むにしても、自分でやるにしても。

もし、自分でビジネスをスタートされるのであれば、ゆくゆくビジネスを発展させて誰かに仕事を依頼するにしても、自分で集客を集客ツールの使い方はぜひ自分でも学んでおくことをお勧めします。

集客ツールを学ぶにしても、「ネットで調べても欲しい情報にたどり着けない」「人に聞いても見当違いな答えしか教えてもらえない」ということはありませんか?もったさんのIT塾では、あなたの意図をくみ取ったうえでのアドバイスをいたします。

カリキュラムはありません。だからこそ、あなたが必要なピンポイントの情報を、あなたに必要な形でお伝えできるのです。
現在、プレ申し込みをお受けしております。正式スタート時にキャンセルも可能です。ぜひ、ご登録くださいませ。