どうもこんにちは、ふじもったでございます。
先日から『もった塾』8月からの入塾募集を開始したということで、改めて私が何を伝えていきたいかというのを、すごく考えたんですよね。

一番大事なのって、やっぱり「続けること」だなーと思っていて。
毎日、少しだけでも続けていく。
そのやり続けていくっていうのを、どうやってやればいいのかずっと考えてたんですよ。

伝えたいっていう気持ちはある、発信したいっていう気持ちはある。
だけど、なんだかうまくいかない。

そんな人が陥っている罠が1つあります。

それは、「楽しめてない」ということ。

辛いことをしているから続かない

楽しめてないというか、辛いことをしているんですよね。

辛いことをずっと続けながら自分のコンテンツを載せたりしているので、自分自身も、見ている側も楽しくないんです。

せっかく自分が情熱を持って「これを発信していきたい!」と思っていても、例えば文章を書くのが苦手だっていう意識があって、その上で文章を書いているとします。

そうすると、辛いままで書いてるので内容も楽しくなくなってしまい、見てる人もいまいちピンとこないなーと思ってしまう、結果的に自分が辛いだけ…なんてことになってしまいかねません。

じゃあ、どうすればいいのか。

方程式は「情熱×ツール」

やり続けるために必要な方程式は「情熱×ツール」だと思います。

発信していくために、例えば自分の情熱が100あるとします。
それに対して自分が使おうとしているツールの取り組む度合い、つまりどれくらい使いこなせるのか、向いているのかというところをキチンと加算してあげないと、方程式の答えとして出てくる数値がどんどん下がっていく。

ただ、情熱がものすごい数値を叩き出している人は、例えばその数値が1000あったとして、ツールが0.1だったとしても100は届けることができる。それくらい情熱が高ければツールは選ばなくてもいいんですが、そういう人は勢いに乗っているので「うまくいかない」という自覚が少ないかもしれません。

逆に最初に挙げた通り、

情熱の数値が100の人でも、ツールが0.1だったりすると、
たったの10しか届かない

なんてことになります。

だから手応えを感じられなくて「うまくいかない」と思ってしまうんですね。

話すことがきっかけで継続発信できるようになった事例

私はいま、動画で話すということをコンスタントにやっています。
ライブ配信をやって、その延長線上で次のステップとして、YouTubeに配信を載せているんですが、話すほうが自然だと感じています。

書くよりも話すほうが、自分の思っていることが伝わりやすいと思ったので、動画を通じて自分のスタイルを磨き上げることができました。

無理をせずに続けられる、自分の情熱やコンテンツに合ったスタイルっていうのが必ずあるはずなんです。

つまり、

あなたならではの表現方法を見つけること

これがカギなのです。

それをビジネスでやろうと思うと、何度も何度もトライアンドエラーで見つけて必要があるのですが、それをもっともっと楽に、短縮するために作ったのが「もったさんの発信塾」なんです。

8月のテーマはLineアカウント

『もったさんの発信塾』8月のテーマは『LINE公式アカウント』です。
なので、次はLINE公式アカウントの使い方も交えながらお話していきます。

基本的な使い方はもちろんのこと、なぜ登録者が増えないのか、登録者を増やすにはどうすればいいのか、という話から、フリーアカウントでもぎりぎりまで活用する方法まで、いろんなお話をしていきたいと思っています。

気になる方、参加したい方はぜひこちらからご覧ください。
みなさんのご参加、お待ちしております。