こんにちは、ふじもったです!

まだ髪が黒々としていた頃、私はパソコン教室で教師をしていました。

と言っても駅前にあるような教室ではなくて、職業訓練校の中のひとつなので、パソコンを使って就く仕事の幅を広げたいという方が多く来られています。

今回は「パソコン教室ではツールの活用の仕方まで教えてくれない」という話です。

起業塾はマインドが中心

自分でビジネスを始めたい多くの方がまず行くのは起業塾です。
セミナーから入って、その後はオンラインという形が今は主流ですが、起業塾で教えてくれることはほんとんどが「起業のための考え方」になります。

「どういうツールを使おう」
「そのツールを最大限に使うためには?」

そういった部分は触れないか、もしかしたらその塾によっては講師の方の思想が強すぎて、無理に特定のツールばかりを勧める……なんてこともあったり。
そこでやってしまいがちなのが「パソコン教室に通う」ということです。

起業のことをサラリーマンに聞く矛盾

パソコンがわからない、SNSの使い方を知りたい。
そういう思いでパソコン教室に通う方はそれでもいいのですが、教室で教えるのは本当に基礎中の基礎です。

教科書通りにやり方を教えてくれるだけなので、基本以外のイレギュラーな部分で相談がしにくかったりします。ですから起業に関する使い方として質問をしても、思う答えは返ってきません。

講師の方は勿論、そこで雇われているサラリーマンですから、起業家がどう発信するべきなのか、どんなツールにするべきか、そういうところを補えないんです。

餅は餅屋

餅は餅屋といいます。

ビジネスに繋げるための発信方法は、ビジネスと発信を繋げている専門家に聞くしかありません。もしあなたが現状お困りで、どこかの起業塾やパソコン教室に行こうとしているのでしたら、是非私にご相談ください。

最適な発信方法、発信で成果を出す方法、継続発信していく方法を重点的にあなたと向き合って、一緒に解を導き出していきます。

藤本高司へのメッセージはこちらからどうぞ!
Facebook( https://m.me/fujimotta
Line( http://nav.cx/bIyazve