もっとアシストは、 自身の事業に注力したい方のために、
より自由な表現を実現するための「ITサポート」を提供しています。

ITに手がかかって
自分のことができない

自分の強みがわからず
何を発信すればいいか
わからない

ITが苦手な顧客へ
どうアプローチするか
迷いあぐねている

そんなあなたを、もっとアシストがお手伝いいたします。

農耕型ITサポートって何?

『「農耕型ITサポート」なんて聞いたことない。」
きっとあなたはそう考えられたんじゃないかと思います。

はい、農耕型ITなんて言葉、一般的には使われておりません。これは私が独自で思いついたフレーズです。

こんにちは!
もっとアシストの代表、藤本高司と申します。

一般的に使われるITのイメージは、やはり「素早く」「効率よく」「大量に」というものが多く見受けられます。
それは一つの正しい形ではあるのですが、私はそこにずっと違和感を持っていました。

パソコンなんて、人が使う道具なんだから、「もっと手軽に」そして「もっと気楽に」付き合っていくものではないのだろうか。

私は、幼少期からPCに触れ、Windows、Mac、Linux、iPhone、Android、Windows Mobileなどなど、様々なデバイスを触ってきました。

その言動となっていたのは「楽しい」という気持ちです。

苦手な人にも、楽しさを伝えたい

パソコンが苦手、情報発信が苦手、ITが苦手。どうにかしたいけれどどうすればいいかわからない。

そんな方のために何かお手伝いできないか。そう考えて、この「もっとアシスト」をスタートしました。

今、令和が始まり、新しい時代に入っていきました。ITの技術は、もっともっと当たり前のものになっていき、避けては通れないものになっています。

でも、だからこそ、そんなITを楽しく、そして発信を自分らしくのびのびとできるようになればいいのではないか。

私はそう考えて「農耕型ITサポート」というものを作りました。

狩猟型と農耕型

農耕型というのは一体何か、それを考える前に、農耕型と対になる狩猟型のイメージをお伝えしておきましょう。

狩猟型とは、狩りのように「狙い撃ち」をするものです。常に獲物を探し、素早く狩っていく。そういうスタイルのことです。
狩猟型営業、なんて言葉もありますよね。

これは一見良い手法にも思えるかもしれませんが、でも実は裏には罠が潜んでいます。
そう、獲物が見つかるまで動き続けないといけないのです。

対して、農耕型というのは、 農業のようなもの。
畑を耕し、種をまき、水や養分を与えて育てる必要があります。

これは、じっくりと育てるまで時間はかかりますが、その分出来上がった畑はどんどんと作物を生み出してくれるようになります。

農耕型も狩猟型もどちらも欠けてはいけないもの

情報発信、そしてIT活用は、本来であればこの農耕型を目指さなければならないのですが、現在はどうしても狩猟型の手法が注目されてしまいます。

本来、情報発信のスタート時にはまずは農耕型の発信をしていくべきなのですが、それを飛ばして狩猟型の発信をしてしまうために、軸が見えずに失敗をしてしまう人が後を絶ちません。

農耕型の発信をすると、自分自身の立ち位置もクリアになっていきます。自分はこんな考え方をしているのか、だからこういうことに興味がわくのか、と、自分の根幹にあるものも見えてくるのです。

私は、そんなあなたの「種」とともに成長できるIT活用を伝えるべく、「農耕型ITサポート」という形でサービスを提供することにいたしました。

藤本高司について

藤本高司(@fujimotta)
もっとアシスト代表 ITサポーター
こくチーズプロ 公認アドバイザー(2019年5月より)

1984年の2月に、香川県で生まれ、自動車教習員の父と専業主婦の母(のちに介護職)の元、三人兄弟の長男として育ちました。

2歳の頃からテレビゲームのコントローラーを握り、9歳の頃には家電の説明書を家族で一番に読む子どもに。14歳でパソコンデビュー、15歳でホームページを作るように。

その後一時的に情報発信から離れる時期があったものの、25歳の頃から
witter、Facebook、そしてブログを始め、現在に至ります。

スマホ歴はiPhoneが発売される前からなのでかれこれ12年。
W-Zero3からのモバイルユーザーです。
試してきたアプリは2000以上。

プログラマーとして働いていた時期に多方面に興味を示していたので、
SNSも(Jaikuなどの)ニッチなものを含めて15個以上、Webサービスに関しても300以上は試してきています。

過去に運用していた「想造ノート」では、「Twitterにおける3つの返信方法、@とRTとDの違いをイメージ図にしてみた。」という記事が130万人以上の方に見られ、YouTubeでも「60秒で!泡立て器よりも圧倒的に早くメレンゲを作る方法」が60万回再生を超えるなど、ほかにはない視点と切り口でのコンテンツ作りに定評があります。

趣味はドライブとゲーム。
移動先でもなんらかの発信ができるように、モバイル端末は常備。
モバイルパソコンを使っていましたが、究極のモバイルの姿はやはり「スマホ一台」であるという結論に。

現在は、ITのことを教えるITサポーターとして活動する傍ら、スキルをコンテンツやマニュアルにするお手伝いをするコンテンツ制作サポート、企業様から個人事業主の方に必要なコンテンツ制作の請負もお受けしています。

お問い合わせはこちら